竹内敏喜 『魔のとき』以降 
L・Bに倣って 4 (二〇二〇年五月四日)

こうして過ごしている二一世紀初頭の今は
生活するうえでは平穏な環境だと見做せるけれど
この国の詩人にとってもっとも恵まれた時代だといえるだろうか

と、問いにしつつ、「否」と応えそうになるとき
その人は魂の一部分をすでに取り落としているのかもしれない

どんなに貧しても俳人であり通した一茶は詠んでいる
…うつくしや雲雀の鳴し迹の空
それは今年も、すぐ目の前に実現するだろう経験だ

おのれの心のなかに美は留められているという実感でもある
だが次の一句ならどうか
…うつくしや年暮きつた夜の空

これは、安堵の一息のあとの、素っ裸の孤独感ではないか
こんなにも冷たく澄んだ宇宙観を
物欲にまみれた我々が、内面に見出せるとは思えない

なんとなしに調べ直せば一茶の生年は一七六三年
L・Bより七年早いだけで、ほぼ同時代であり
この奇遇に何かを見出せと告げられている気分になる

それならと、卑近にも第九番の合唱を連想し
あの伸びやかな声のひとつひとつを夜空の星に見立て
目を閉じながら自分の居場所を探してみた

そういえば子どものころは自分を天才だと簡単に信じられた
しかしいつからか、座右に染みついた言葉は
「塞翁が馬」でしかない

その凡庸さをあざ笑い、ゆるりと目を開き
このところ、きみの声が聞こえていなかったことに気づく
それだって幸か不幸かわからないまま

今日も、世間を眺めればコロナウイルスの影ばかりで
真昼の空に星々がざわめくかのよう​​​​​​​
竹内敏喜(たけうちとしき)
詩人。1972年京都生まれ。詩集に『翰』(彼方社、1997年)、『風を終える』(同、1999年)、『鏡と舞』(詩学社、2001年)、『燦燦』(水仁舎、2004年)、『十六夜のように』(ミッドナイト・プレス、2005年)、『ジャクリーヌの演奏を聴きながら』(水仁舎、2006年)、『任閑録』(同、2008年)、『SCRIPT』(同、2013年)、『灰の巨神』(同、2014年)​​​​​​​。
 
Back to Top