竹内敏喜 『魔のとき』以降 
L・Bに倣って 3 (二〇二〇年四月一四日)

植え終えたばかりの水田がむこうへと続き
一面の揺れの数メートル上空、やや厚い霧雨はカーテンにも似て
激しくうねり、きみの声として通り過ぎていった昨日

スズメのにぎやかさに、町なかの街路樹や草花を見廻せば
なんとさっぱりした色彩が歓喜にあふれ
余白に家々を点在させていることか

思えば、雨に感謝した民族としての記憶を失くし
人類の大半は本当に欲しいものがわからなくなったのではないか

自覚ある人物なら、これまでの一生を振り返り
もっとも欲しいもの、試みたいことではなく
二番目に好きなものに執着していたと感じているはずだ

少年のころは仲の良い友とサッカー遊びに明け暮れ
青年期はエレキギターを毎日八時間以上も弾き
その後は、睡眠以外のときを古典の味読に費やしたりもしただろう

いつだって諦念があったわけではないが
今になってわかるのは、ジャングルや無人島を冒険することも
なんらかの競技や演奏を極めることも、最上とは違うということ

やがて、まさに、ようやく
交響曲五番の冒頭の律動が胸にわきあがる

嵐のなかでしか清められないものがあって
ぶつかりあっては枝を折り、ゆさぶりに多くの葉を飛ばし
翌朝、きらきらとそこに現れるものたち

それは人工社会の進む道の、必然性を問いただしているのか
人間の可能性に頼っても命を縮小させるだけだと
共生の感覚において、穏やかに澄むべきだと示しつつ…

きみはもう知っているようだね
昨日の荒々しい声は聞き取れなかったけれど
この午前九時の輝きには、きみのやさしさばかりが見えてくる


竹内敏喜(たけうちとしき)
詩人。1972年京都生まれ。詩集に『翰』(彼方社、1997年)、『風を終える』(同、1999年)、『鏡と舞』(詩学社、2001年)、『燦燦』(水仁舎、2004年)、『十六夜のように』(ミッドナイト・プレス、2005年)、『ジャクリーヌの演奏を聴きながら』(水仁舎、2006年)、『任閑録』(同、2008年)、『SCRIPT』(同、2013年)、『灰の巨神』(同、2014年)​​​​​​​。
 
Back to Top