さらとい イソノミア

 コロナ禍の蒸し暑い7月の夕方、仕事を終えて歩いていると、足元に緑色のなにかが動いているのに気づき立ち止まった。じっと眺めてみると、ぱっちりとした目の赤子のメジロで、どうしたものかと見ていると、通りがかった小学生とその祖父らしきひとが来て言葉を交わす。「どうしたんだろうね」「生まれたばかりなのかな」「ヘビがきたら食べられちゃうね」「車にひかれないようにしないと」etc…
 これは、この夏に私が経験した一コマですが、ふとしたときに、何かを誰かと共に問いかける、そんなこと、みなさん日常的にありますか? 「職場」で「学校」で、趣味を共通とする“クラスター”で、何か、もう一歩立ち止まって考える場が、もしかしたらあるひともいるかもしれません。が、それはわずかでしょう。しかも、答えがあるようでないような不可思議な出来事について、問いかけるなんて、ばかげてます。
 Youtubeは、それができるふさわしいプラットフォームである、とも思いませんが、そんなちょっと不可思議な時間と場所を共に見つけ出すひとと出逢う場にはなるのではないか、希望的観測でありますが、そう思い、私同様ふらふら生きて来た「三助」さんに声をかけて、「さらとい イソノミア」チャンネルを作ってみました。
 願わくは、あたかも応える気のない政治家に面食らわすように、日々、足元に視界にあらわれる出来事に更なる問いかけができることを。チャンネルでつながるひとたちが、アーレントが言うような、「無支配関係のもとに」過ごせるような関係が、互いに対等な関係が、築けることを。

 「政治現象としての自由は、ギリシアの都市国家の出現と時を同じくして生まれた。ヘロドトス以来、それは、市民が支配者と被支配者に分化せず、無支配関係のもとに集団生活を送っているような政治組織の一形態を意味していた。この無支配(no-rule)という観念は、イソノミア(isonomy)という言葉によって表現された。(略)都市国家は民主制ではなくイソノミアであると思われていた。「民主制」という言葉は当時でも多数支配、多数者の支配を意味していたが、もともとはイソノミアに反対していた人々が作った言葉であった。」(ハンナ・アーレント(志水速雄訳)『革命について』ちくま学芸文庫、1995年、40頁)

 「ギリシアにおける民主主義デモクラシーの進展といえば、アテネを中心として語られる。この見方はまちがっている。イオニアから見るべきだからだ。しかし、ある意味で、そのような見方は正しい。というのは、イオニアにはデモクラシーなるものがなかったからだ。イオニアにあったのはデモクラシーではなくて、イソノミアである。」(柄谷行人『哲学の起源』岩波書店、2012年23頁)
                                   青木千尋
Back to Top