竹内敏喜 『魔のとき』以降 
L・Bに倣って 15 (二〇二〇年一一月七日)
    ──父の急死を知らされた日に

「好きなようにしたらええ」という声に育てられ…

一、もはや人々は管理とは異なる次元に置かれている
一・一、現行のシステムに馴致しない者は切り捨てられている

一・一一、システムは自己の規律の遵守を目的とするふりをしている
一・一二、規律から逸脱する者を事務的に危険人物と見做していく
一・一三、犯罪者または病人には規律の遵守と損害への賠償が請求される

一・一三一、賠償内容は罰金および監禁まれに死が与えられる
一・一三二、監禁生活は囚人に反省と規律を促すふりをする
一・一三三、罪人はその経験を通して大衆の一人となることが求められる

一・一三三一、大衆は規律を乱さない限りで自由に行動できる
一・一三三二、行動内容は世の保存記録から偶然に選択されたものであろう
一・一三三三、保存記録とは規律の管理者によって編集されたものである

一・二、その保存記録はいかにも善悪観念を止揚している

一・二一、善悪に関する発言は自由だと感じられなくなっている
一・二二、善悪は古い書物に定義されているが現実効果はなくなっている
一・二三、現実として罪人はいるが悪人はいないと流布されている

一・二三一、悪人は規律を真似て大衆の一人として矯正されたふりができる
一・二三二、その人物への施しは罪ある行為を増長すると判断されている
一・二三三、(善の心に満たされてからでないと悪人は反省できない)

一・二三三一、悪人を反省に導けるのはイエスやブッダである
一・二三三二、ゆえにイエスやブッダは善の教えを書き残しはしなかった
一・二三三三、悔い改めた人物は完成しない善の行為を続けるしかなかった

二、いつしかL・Bも人間の声をまったく聞けなくなった
二・一、聞けないことで、現れた「善悪」が風を創造したのだろう

二・一一、その風を聞かないことで管理者は異次元での資産運用を繰り返す

「父」という音の手触りが大気の成り立ちを照らしている…

竹内敏喜(たけうちとしき)
詩人。1972年京都生まれ。詩集に『翰』(彼方社、1997年)、『風を終える』(同、1999年)、『鏡と舞』(詩学社、2001年)、『燦燦』(水仁舎、2004年)、『十六夜のように』(ミッドナイト・プレス、2005年)、『ジャクリーヌの演奏を聴きながら』(水仁舎、2006年)、『任閑録』(同、2008年)、『SCRIPT』(同、2013年)、『灰の巨神』(同、2014年)​​​​​​​。
 
Back to Top